無料ブログ作成サービス JUGEM
満塁ホームラン
楽しいと感じない自分を発見した
それは予想していた未来の一つだった
けれど腹の底が冷えるような
はっとする衝撃があった
それは私の燻っていた望みや願いだったんだろう

そうか駄目なのかと受け入れたら
楽になる訳でもなく
苦しくなる訳でもなく
どちらでもない
強いていうならどうでもいい気持ちが喉までせりあがった

ああ、そう
そうなんだね
そうか
| くらげ | - | comments(0) | - |
寒いのは嫌いだ
私の中から追い出したい
内側から冷える
それは何というか喉が詰まる
背中から首にかけて締まる
何度味わっても嫌な感覚
寒さはなかなか追い出せない
最善も最良も知らない
在るものしか知らない
在るものすら知らない

息をもっと吸いたい
もっと奥まで入るはずなのに
詰まってるから物足りない
文字にして水にして音にして
落として溶かして流して
| くらげ | - | comments(0) | - |
夢の淵
それは懐かしい夢だった
といっても本当の記憶ではなく
場所が面子が忘れていた程懐かしい夢

隣の部屋で大人たちの宴会が始まった
私たちは着替えて、位置取りをする
誰かと金髪の彼女の間
そして部屋を出る
廊下の奥のガラス扉の奥
こちらに向かってくる人影
私は黄土色の靴の紐を編み上げるために屈んだ
前を向くことも歩き続けることもできなかったから
人影が近付くのを行きを潜めて待つ
喉がひきつるような緊張感
すれ違う前、立ち止まった影が床に落ちる
椅子の影が伸びる
どーんと聞こえた
そしてもう遅刻しないんだなと一言
しないよと答えた声は酷く掠れた
でも目が合った
通りすぎて、向かいの部屋へと消える
私は廊下に屈んだまま
すると答えればよかったと反芻する間もなく目が醒めた

寂しくて懐かしくて愛おしくて
目が合ったけれど、表情は思い出せない
何と答えれば良かったのかも解らない
ただ忘れたくないと強く願った
だから大切な夢の淵を覗きこむ
| くらげ | - | comments(0) | - |
誇りの在り方
夢を叶えたのだと忘れそうになる
自分の感覚が麻痺していく
忘れること麻痺することが怖い
おかしいと感じることを忘れるのが怖い

一人では成り立たない
それを忘れたくない
いつか私が年を重ねたときに
自分のやり方で仕事ができるようになったときに
誰かに責任を押し付けるような
お互いに重荷を押し付けあうような
そんな仕事をしたくない

本気でやるからこそ全霊をかけるからこそ
一人では成り立たない
私ができること
誰かができること
やるべきこと
できることをできる限り
誇りを感じれる私で在りたい

だから私は彼を憐れだと軽蔑する
| くらげ | - | comments(0) | - |
刺刺した言葉
刺刺した言葉に感じる痛みが小さくなる
ひとつひとつが鋭くて痛い罵倒
はじめの頃感じた痛みはもう無い
それは手に入れた強さなのか
ただ麻痺しただけなのか

苛立ちよりも溜め息が先に出る
この毎日が四年続いたら
私はどう変わるのかな
どう変わってしまうのかな
麻痺したくないけど
麻痺しないと毎日が過ごせない
私が見えなくなる
けどそれを楽しんでいかないと
私は私を好きだから

今は押し潰されないように
| くらげ | - | comments(0) | - |
三年生
息苦しさの理由を探してる
重荷?重圧?飢餓感?
ついた溜め息すら重く感じる
理由がある?ない?そもそも必要?
朝がくる夜が来る明日がくる
意味を求めるのは人の性か、性格か
満足と充足とはどこか違っていて
まあいいかって及第点で手を打つ
走るほど元気はなくて
走り抜けれる勇気もなくて
走り出すことすら躊躇う
声だけは大きくて、でも何処にも届かない
もう三年
まだ三年
あと三年
| くらげ | - | comments(0) | - |
時間を食い散らかす
揺れて揺れて揺れて
近付いて遠のいて音が木霊する
気温が上がる季節が変わる
丸の中に投げ込んだ靴
跳ねて飛んで私より先に行く
思い出すべきことも忘れた

忙しいのは好きだ
忙殺される時間を使い果たす
それはきっと、意味のある形になる
| くらげ | - | comments(0) | - |
冷めた紅茶
行動に言葉で理由付けをするのは難しい
根掘り葉掘り聞き出されて音にする
メリットデメリットリスクの三点天秤
感情を入れると途端に崩壊する危うい天秤
冷めたいやに甘い紅茶で口がもたつく
許してくれればいいのにという根底が根を広げていく
とどまることを知らない
とどまるすべを知らない
知らない不利をすることしか知らない

並々と注がれた紅茶は飲み干す前に、冷めてしまう
| くらげ | - | comments(0) | - |
ただ止まらなければいい
切り替えろ
次に行け
積み木を蹴飛ばして、踏みつけてさあ次に行け
笑えもっと、さあ笑え
全部流して捨ててしまえ
前へ進め前に進め
こけても躓いても傷ついても決して立ち止まるな振り返るな
前へ進め
叱咤して咽の限り吠えろ
全部引きずっていけばいい
ただ止まるな
決して止まるな
声が枯れるまで叫んで叫んで
止まったらもう進めなくなる
それが一番恐ろしい
| くらげ | - | comments(0) | - |
行き場がない
価値観ごと足下が揺れる
私がこだわってること全部下らなくてはちっぽけに思える
無理だとはっきり響いた声が、その笑顔が何度も揺れる
器用に適当になんて難しい
白か黒か知りたくなる
希望を持つのは残酷だから切ないからキツい
期待するのはゆらゆら不安定な積み木を積み上げるようなもの
許してくれればいいのにと思う
私がこだわらなければいいのかと思う
そんなの価値観の違いで一蹴
おしまい話し合いの余地なし
どちらかが曲げるしかない
それを無理と笑ってくれたことに感謝すらすべきなのか
ずしりと重くて重くて息が詰まった
行き場がない

今日が雨で良かった
| くらげ | - | comments(0) | - |